犬の体をつくったよ。

犬の体をつくったよ。

 5月10日に造形家・川埜龍三さんをお招きして,「犬島ハウスプロジェクト」のワークショップを白石小学校で開催しました。「犬島ハウスプロジェクト」とは,川埜さんが岡山市沖の犬島に建設された海の家をイヌ小屋に見立て、そこに巨大な犬の像を設置するというものです。そして,その犬の表面を,全国の様々な人が作成した陶板で仕上げることになっています。今回,白石小学校・中学校の児童・生徒・職員が,白石島の地元の方の協力で,このアートなワークショップに参加することができました。

 最初に,川埜さんたちの紹介と陶板を造る上での注意事項を聞きました。その後,さっそく陶板づくりに挑戦です。自分の好きなものを題材にしていいよ,と教えていただいたのですが,いろいろ迷ってなかなか形にならない人もいました。けれど,川埜さんたちのアドバイスを聞いたり,友達同士で話をしたりすることで,だんだんとイメージがかたまり,製作の手が進んでいきました。

 最後には,子どもたちの思いが作品として形になりました。小学生のかわいらしい作品や,さすが中学生といったきれいな作品など,それぞれ個性があって楽しい陶板ができあがったと思います。実際に陶板を焼き上げ,犬に張って,作品が完成するのは秋頃になりそうだということです。犬島に行く機会があれば,自分の陶板を捜してみるのも楽しそうです。なお,5月18日より,まだ陶板を張っていない「犬」が,笠岡諸島を通って犬島に向かいます。白石島には18日の夕方に来訪するそうなので,それも楽しみです。


追伸 5月18日に、「犬」が白石島にやってきました。中学生はシーカヤックにのって海上で、小学生は海岸で出迎えました。



2013.05.10
携帯でサイトを見よう
QRコード
※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。

〒714-0036
岡山県笠岡市白石島2482-1
TEL:0865-68-3009
FAX:0865-68-4445