人権週間です!

人権週間です!

12月4日~10日は第67回人権週間です。
11月30日(月)から白石小学校でも人権週間の取り組みが始まりました。
児童朝会では,戦後の1948年の国連での世界人権宣言を受けて,人権週間ができたということを簡単に話しました。
子どもたちにとってとても漠然として分かりにくい「人権」ですが,まずは身近な人の幸せから人権を考える二週間になればと思います。



学校では,なかよしのめあてを考えて,子どもたちの写真とともに掲示しています。
お家の方からも,「あなたがいてくれて幸せ!」というとても温かいメッセージをいただき一緒に掲示させていただきました。
 

言葉遣いを見直そうということで,友達からかけてもらったり,友達が言ったりしているのを聞いて心が温かくなった言葉を集める「ほかほか言葉をあつめよう」の取り組みをしています。
10人の子どもたちはあまりに親しい間柄なだけに,ついつい言葉遣いがきつくなったり,えらそうになったりする場面も見られています。
この取り組みで少しでも自分たちの言葉遣いを意識して生活できるようになってくれたらと思っています。


1日(火)は人権参観日でした。各学級で道徳や学級活動などの人権に関する授業を参観していただきました。
 


午後からは,PTA人権研修会でした。小・中学校の子どもたちと保護者の方,教職員がNTTドコモの方による「ケータイ・スマホ安全教室」
と題した,SNSやコミュニケーションアプリの危険性と正しい使い方の講演を聞きました。


3日(木)には,なかよし集会をしました。
まず,子どもたち一人一人のなかよしのめあての紹介がありました。
どの子もみんなで仲良く,楽しく過ごしたいと願う気持ちでいっぱいでした。


次に,「偏見」ということについて考えてもらいました。
日頃普通だ,当たり前だと思っていることが案外,偏った見方であることがあること,
偏見が言動に表れることが「差別」となり,人を傷つけること,などを勉強しました。
何の疑問ももたないことに少しだけ「本当かな?」と立ち止まって考えてみることが偏見や差別をなくす第一歩かなと考えています。


真剣に考えています。


最後に各クラスからのなかよしゲームの紹介でした。
3・4年生が紹介してくれた「人間知恵の輪」です。絡み合ってぐちゃぐちゃになっても,決してつないだ手は離しません!


次は,5・6年生の「スピード伝言ゲーム」。
前の人の背中に文字を書いていき,最後の人が答えをボードに書きます。
心を込めて書く,一文字一文字が厚い友情とともに伝わっていきました。


ひまわり学級からは,「握手でバッチリ!なかよしゲーム」。
目隠しして,握手をして相手が誰だったか当てるゲームです。
みんな友だちの手だけで,誰だか分かるんですよ。すごい!


終わりに校長先生のお話を聞きました。
もっともっとなかよしの白石っ子になりたいな,と思ったなかよし集会でした。


さて,9日(水)は,小学校のフリータイム40という長い昼休みを利用して,中学生と遊びました。
おにごっことならびっこベースボールをしました。
子どもたちは,中学生のお兄さん,お姉さんと遊べるのを,それはそれは楽しみにしていました。


運動場をみんなで駆け回っていました。


ならびっこベースボールは打ったボールをキャッチした人の後ろに守備チームが全員並ぶまでに,打った人がコーンを回ってホームベースに帰ってくるという少人数向きのベースボールゲームです。
みんなで並ぶ姿がとってもわきあいあいと楽しそうで,子どもたちのはじける笑顔に見ているほうも笑顔がこぼれました。
短い時間でしたが,中学生のみなさんありがとう。


こうして,白石小学校人権週間が終わりました。
人権週間が終わっても,引き続き人を大切にできる子どもたちに育ってくれるよう職員全員で取り組んでいきます。(M)

2015.12.03
携帯でサイトを見よう
QRコード
※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。

〒714-0036
岡山県笠岡市白石島2482-1
TEL:0865-68-3009
FAX:0865-68-4445