さん太号がきたよ。

さん太号がきたよ。

7月3日(水)、国語の学習で山陽新聞社の「さん太号」がフェリーに乗って、白石にやってきました。
子どもたちはB&G海洋センターで、新聞社の仕事や新聞の構成についてお話を聞いたり、DVDを見たりして教えて頂きました。

記者の方のお話を真剣に聞いている子どもたちです。今まで新聞はテレビ欄しか見たことがなかった子どもも多かったようです。



新聞には、「見出し」があってこれが新聞の顔である・・・ということで見出し作りにも挑戦しました。また新聞の一面には「頭・肩・へそ」になる記事があると知って、子どもたちも新聞から気に入った記事を探して、新聞作りに取り組みました。



できあがった新聞をみんなに紹介しているところです。テーマのある新聞を作ろうと言われたので、記事探しにやや苦戦していましたが、「お宝新聞」「ボーイズ新聞」など個性的な自分だけのオリジナル新聞が完成しました。



最後にさん太号の中を見せてもらって、自分たちの記事が載ったできたての新聞をいただきました。
新聞の奥深さを知った学習でした。
この新聞作りのノウハウをいかして、学習したことを壁新聞などにまとめることができるといいと考えています。
来て頂いた山陽新聞社の方、ありがとうございました。


2013.07.03
携帯でサイトを見よう
QRコード
※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。

〒714-0036
岡山県笠岡市白石島2482-1
TEL:0865-68-3009
FAX:0865-68-4445