白石小フェスティバル開催!

白石小フェスティバル開催!

1月29日(木),白石小フェスティバルがありました。
1・2年生は生活科,3~6年生は総合的な学習の時間(校内では「はつらつ」と呼んでいます)で学習したことを発表する1年に1回の発表会です。
今年もお世話になった地域の方々や保護者の方を招待して開催しました。


まず,児童会長のあいさつです。それぞれの学級の発表テーマの紹介がありました。


1・2年生は「しぜんいっぱい たのしさいっぱい」というテーマで発表しました。
生活科の学習で,さつまいもを育てたこと,四季折々の自然の中で見つけた動植物やそれを観察したこと,自然の物を使って作ったおもちゃの紹介など子どもたちが自然の中に飛び出して肌で感じた内容がたくさん詰まった発表でした。


3・4年生は「わたを育てよう~はたおり大作戦~」というテーマで,総合的な学習の時間に地域の方に教えていただきながら,綿作りから,できた綿ではたおりをしてコースターを作るまでの発表でした。
昔白石で盛んだった綿作りですが,昔の人は大変な作業をすべて手作業でしていたことにびっくりしたり,地域の方の知恵や技術に感心したりしたようでした。


ひまわり学級は「白石島八十八か所~遍路は続くよ どこまでも~」というテーマでの発表でした。
白石島に200年ほど前からある八十八か所を巡り,そのはじまりや由来について詳しく調べて発表しました。
白石の歴史と自然に心打たれる発表でした。


最後は5・6年生の「つくろう!白石島歴史館」というテーマでの発表でした。
白石踊,鎧岩,白石島海水浴場,開龍寺など4人の児童それぞれが特色ある白石島の場所や文化について詳しく調べ,紹介しました。
白石島で生まれ育った子どもたち自身も知らなかったことも多く,実り多い学習だったようです。


それぞれの発表の終わりに質問・感想タイムが設けられ,発表を聞いて初めて知ったことや感想が伝えられました。
自分たちの発表内容や発表態度について感想を言ってもらえると,発表した児童たちはとてもうれしかったようです。


校長先生から,がんばった子どもたちはたくさんほめていただきました。
また来てくださった方へこのフェスティバルの意義や生活科総合的な学習の時間についての説明もありました。


おわりに児童会副会長のあいさつで,今年の白石小フェスティバルは幕を下ろしました。
たくさんの地域の方,保護者の方に見守られながら無事大きな行事を終えた児童たちの満足感のあふれる表情が印象的でした。
 
この1年間お世話になった地域の方々,ありがとうございました。
また来年もいろんなことをぼくたち私たちに教えてくださいね。

(M)
2015.01.29
携帯でサイトを見よう
QRコード
※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。

〒714-0036
岡山県笠岡市白石島2482-1
TEL:0865-68-3009
FAX:0865-68-4445