ふじ丸で白石踊を披露しました。

ふじ丸で白石踊を披露しました。

 5月28日に,白石小学校の子どもたちはクルーズ客船『ふじ丸』で白石踊りを披露しました。『ふじ丸』は1989年に就航した客船ですが,当時は日本籍で最大の客船でした。内閣府主催の「世界青年の船」事業で使用されたり,2011年の東日本大震災で被災地支援活動に参加するなど,日本を代表する客船として活躍してきました。それが,今年の6月で引退することになり,最後の瀬戸内海クルーズで笠岡諸島に立ち寄ることになりました。そこで,笠岡を紹介するために,子どもたちが白石踊を披露することになりました。

 まず,乗船してから,乗組員の方に船内を案内して頂きました。普段から海や船には親しんでいるとはいえ,このような大型の船に乗るのは初めてなので,子どもたちは興味津々でした。みんな,いろいろな施設の説明を熱心に聞きました。

 そのあと,急いで着替えてから,乗客の皆さんの前で白石踊を披露しました。初めての会場で,時間がなくてリハーサルもできませんでしたが,小学生,中学生みんなで堂々と踊ることができました。乗客の皆さんからの温かい拍手に,どの子の表情も満足そうでした。たいへん貴重な体験ができたと思います。協力してくださった皆さん,ありがとうございました。
2013.05.28
携帯でサイトを見よう
QRコード
※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。

〒714-0036
岡山県笠岡市白石島2482-1
TEL:0865-68-3009
FAX:0865-68-4445